これで目は守られる|怖い動物の病気にはフィラリアや白内障などがあります

怖い動物の病気にはフィラリアや白内障などがあります

たくさんの薬

これで目は守られる

コップと錠剤

あなたの愛犬がよく柱や壁にぶつかったりするようになると、あきらかに「白内障」である可能性があります。
白内障は犬にもよく起こる病気のひとつなので、ちゃんと治療することを心がけていかなければいけません。
白内障になると飼い主とのアイコンタクトも取りにくくなり、さらに愛犬が混乱して暴れたりするようになるので注意が必要です。
また白内障はそのままにしておくと失明するおそれもあります。
他にも白内障の進行によってブドウ膜炎や水晶体脱臼など、強い痛みを起こす眼疾患が起こる可能性も出てくるでしょう。

では白内障はどんなことが原因で起こるのか?
基本的には人間と同様に加齢によって起こったり、または糖尿病などの病気によっても起こります。
そのため6歳以上の犬を飼っている人は、特に白内障に注意してあげなければいけません。
ただし、例外として遺伝による白内障もあります。
その場合は6歳になっていない犬でも白内障を起こしてしまったりするので、特に注意してあげましょう。
ちなみに発症に関する具体的なメカニズム自体は不明なことが多く、現在でもまだ解明されていない状態です。

もし白内障の様子が見られるようであれば、今からでもすぐに「シーナック」を使ってあげるようにしましょう。
シーナックというのは点眼薬になりますが、外科手術をしなくても白内障の進行を防ぐ効果をもたらします。
そして片目しか白内障が見られない場合があると思いますが、どっちにしても両目にシーナックを点眼するのがおすすめです。
片目だけだと見え方に誤差が生まれてしまうので、両目とも同じように見えるように点眼していきましょう。