怖い動物の病気にはフィラリアや白内障などがあります

たくさんの薬
コップと錠剤

これで目は守られる

シーナックという点眼薬を使えばもう大丈夫!愛犬に訪れる白内障という病気も、これでなんとか予防することができます。白内障は主に外科手術を受けて治すのが一般的になりますが、これだけでも十分進行を抑えることは可能です。

手のひらの薬

耳ダニをやっつけよう

現在多くの人が耳ダニの治療にトロイイヤードロップスを使用しています。あなたの愛犬が耳ダニに困っているようであれば、ぜひ使い始めてください。入念にずっと使い続けることで必ず綺麗で健康的な耳へと変化するでしょう。

カプセルと錠剤

気軽に買いたいなら

もっとも便利に治療薬を買える方法として、今では多くの人が個人輸入代行業者を使っている傾向にあります。個人輸入代行業者を使うといっても特に何かしら難しい作業があるわけではないので、気軽に誰にでも利用してもらえるはずです。

瓶からこぼれているたくさんの薬

おすすめ記事

「怖い動物の病気にはフィラリアや白内障などがあります」の記事一覧です。

つまんでいるカプセル

フィラリアって何?

どれくらいあなたはフィラリアという病気について理解していますか?
犬を飼っている人だったらちゃんとフィラリアを理解しておかなければ、大事な愛犬を守れません。
なんとなく知っている程度の人や、まったく知らないという人は、ぜひこちらの記事で勉強して帰ってほしいと思います。

まずフィラリアというものは実際に感染してしまうと、あらゆる症状を引き起こすことになります。
感染したてのときは何も見られませんが、たとえば息が荒くなってしまったり咳をするようになったりします。
またあきらかに元気がなくなり、食事もちゃんとしなくなります。
その状態でずっとそのままにしておくと、今度はお腹に水が溜まるようになったり血尿を出したりしてしまい、最終的にはあらゆる臓器が機能不全に陥り、死亡してしまいます。
つまりフィラリアはとても重たい病気のひとつなわけです。

ではどのようにしてフィラリアは感染してしまうのか?
フィラリアについては主に犬の種類とか年齢などに一切関係なく、平等にどの犬も感染してしまう可能性があります。
なぜかというと、フィラリアは蚊によって感染してしまうからです。
つまり蚊に刺されるとフィラリア症になるおそれがあります。
もっと具体的にいうと、ミクロフィラリアと呼ばれるフィラリアの幼虫を持つ蚊に刺されると、そこからミクロフィラリアが犬の体内に侵入してしまうわけです。
一度体内に侵入したミクロフィラリアは長期間に渡りじっと潜伏し続け、ある日突然活発に動き回るようになります。
その際には血管の中に侵入して心臓に進むので、そうなる前に治療薬を使ってしっかり駆除していかなければいけません。